【学歴】

  • 2001 広島私立修道学園卒業
  • 2001 東京大学理科I類入学
  • 2004 東京大学医学部健康科学科進学
  • 2006 東京大学医学部健康科学科卒業 学士号取得
  • 2008 修士号取得
  • 2011 博士号取得
    • 2006~2011:日本学生支援機構第一種奨学金返還半額免除
    • 2006~2011:東京大学大学院学費免除 

 

 

【主な経験・活動】

  • 2005 NPO日本臨床研究支援ユニット:解析担当
    • 腎臓癌患者の調査データの解析
    • レセプトデータの解析と結果のレポーティング
  • 2007〜2009 スタットコム株式会社:統計解析者
    • 小児癌の臨床試験のプロトコルに沿った解析とレポーティング
    • 術後乳癌患者のQOLに関する研究の解析と統計アドバイス 
  • 2009〜2010 帝京大学:非常勤講師
    • 論文化にあたっての医師へのアドバイスと解析
    • 様々な科の医師に対してのコンサルタント(内科、外科、眼科など)
  • 2010 キャピタルメディカ株式会社:プロジェクトメンバー
    • レセプトデータを活用した新規プロジェクトの立ち上げメンバー
  • 2011〜2012 東京大学医学部付属病院:特任助教
  • 2011 iAnalysis合同会社を設立。最高解析責任者、代表
    • 統計解析、統計コンサルティングを専門に行う会社の設立:主なクライアントはNTTドコモ、リクルート
  • 2013 データサイエンティスト協会立ち上げに発起人として協力
  • 2015 「ビジネス統計の教科書」を出版
  • 2017 ミライゼ株式会社を設立。代表
  • 2018 ゲームアプリ「新世界を走って転生」をリリース
  • 2018 キュアプルーフ株式会社を設立しチーフアナリストに就任
  • 2018 旅行者のマッチングサイト「アミダツアー」をリリース
  • 2018 オリジナルブランド「アトリエイッセイ」を立ち上げ
  • 2019 真夏のデザインフェスタ出展
  • 以降のアート活動はアトリエイッセイ

 

【著書】

 

 

 

 

2006年 (23歳)

・疫学生物統計学の研究室で遺伝子測定データの補正方法について研究

・東京大学医学部健康科学科卒業

 

 

2011年 (28歳)

・統計学分野で博士号取得(東京大学医学系研究科保健学博士、機械学習の予測率の統計的解釈について)

・東大病院情報システム部助教(1年半勤務)

iAnalysis社設立

 

 

2012年 (29歳)

・統計解析を使ったデータ分析について各所でセミナー・講演(年間数十件)

分析ブログ閲覧数約180万PV

・Twitterフォロアー約1,500人(現在は休止)

・データサイエンティスト協会発起人(設立時のみ協力)

 

2013年 (30歳)

・データサイエンティストとしてホンダ、リクルート、ドコモなど23業種・44社(うち36%が東証一部上場企業)へサービス提供

・ネット記事や雑誌などのインタビューに多数応じる

・日経BPのデータサイエンス講座講師(1日コース、午前中2時間セミナー午後4時間実習)

 

 

2014年 (31歳)

・読売ICTフォーラムで医療データに関して講演、読売新聞に掲載

・『データサイエンス養成読本』出版

・『超分析の教科書』出版

 

 

2015年 (32歳)

・『ビジネス統計の教科書』出版

・博士時代から参画していたいくつかの研究で英語論文が累計40本ほどになる(論文リスト

 

 

2015〜17年 (32〜34歳)

・NTTドコモの情報システム部情報戦略室(現デジタルマーケティング推進部)へ重点的にコンサルティング

・コンサルティング中に、当初20人ほどだった分析チームが350人までに成長

・解約予兆の予測や、ユーザーの収益(LTV)予測などのAIに使われるロジックを提供

 

 

2018年 (35歳)

・油絵を本格的に描き始め、オリジナルブランド『アトリエイッセイを立ち上げ

 

 

2019年 (36歳)

UAEアブダビの展覧会で『ひょこあに十二単衣』を出展(ブログ記事

 

 

2019年 (36歳)

パリで個展を開催し、初の個展で絵が売れる(ブログ記事

 

 

2020年 (37歳)

・被写体活動

・大企業経営者、投資家、政治家などへの参謀目標

・新規事業の計画

・国際平和美術展(京都・リトアニア)に出展

・クレジット会社で不正利用を防止する仕組みを改善し、新たに年間数十億円の抑止効果を出す

・データ駆動経営を実現するために複数の部にコンサルティングを行う

 

 

2021年 (38歳)

・大企業や組織の経営者や戦略家となることを目標

・クレディセゾンのCDO(Chief Data Officer)、高砂熱学工業のCDXO補佐になる

 

 

 

【経験分野】

  データ分析、機械学習、AI、統計解析、予測分析、

  LTV、カスタマージャーニー、マーケテイングデータなど

 

【ITスキル】

  • R, SAS, SPSS, Python, Visual C++, Ruby on Rails, SQL
  • Unity, Laravel, html

 

【国際論文】

  1. Okazaki R, Sugimoto T, Kaji H, Fujii Y, Shiraki M, Inoue D, Endo I, Okano T, Hirota T, Kurahashi I and Matsumoto T. Vitamin D insufficiency defined by serum 25-hydroxyvitamin D and parathyroid hormone before and after oral vitamin D3 load in Japanese subjects. J Bone Miner Metab. 2010; 29:1 103-10.
  2. Ichikawa K, Konta T, Ikeda A, Fujimoto S, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Significance of past history of renal failure for the detection of high-risk individuals for cardiovascular and end-stage renal disease: analysis of data from a nationwide health checkup. Clin Exp Nephrol. 2011;
  3. Yano Y, Fujimoto S, Sato Y, Konta T, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Association between prehypertension and chronic kidney disease in the Japanese general population. Kidney Int. 2011;
  4. Iseki K, Asahi K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Fujimoto S, Konta T, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Risk factor profiles based on estimated glomerular filtration rate and dipstick proteinuria among participants of the Specific Health Check and Guidance System in Japan 2008. Clin Exp Nephrol. 2011;
  5. Konta T, Ikeda A, Ichikawa K, Fujimoto S, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Blood Pressure Control in a Japanese Population With Chronic Kidney Disease: A Baseline Survey of a Nationwide Cohort. Am J Hypertens. 2011;
  6. Wakasugi M, Narita I, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Fujimoto S, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Weight gain after 20 years of age is associated with prevalence of chronic kidney disease. Clin Exp Nephrol. 2011;
  7. Yano Y, Sato Y, Fujimoto S, Konta T, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Association of High Pulse Pressure With Proteinuria in Subjects With Diabetes, Prediabetes, or Normal Glucose Tolerance in a Large Japanese General Population Sample. Diabetes Care. 2012 Apr 3. [Epub ahead of print]
  8. Takaya Ikemoto, Issei Kurahashi, Pei-Jian Shi. Confidence interval of intrinsic optimum temperature estimated using thermodynamic SSI modelInsect ScienceArticle first published online: 20 JUN 2012.
  9. Sato Y, Yano Y, Fujimoto S, Konta T, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K, Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. Glycohemoglobin not as predictive as fasting glucose as a measure of prediabetes in predicting proteinuriaNephrol Dial Transplant2012 Aug 1.
  10. Masanori Terashima, Koji Kitada, Atsushi Ochiai, Wataru Ichikawa, Issei Kurahashi, Shinichi Sakuramoto, Hitoshi Katai, Takeshi Sano, Hiroshi Imamura, and Mitsuru Sasako. Impact of Expression of Human Epidermal Growth Factor Receptors EGFR and ERBB2 on Survival in Stage II/III Gastric CancerClinical Cancer Res. 2012 Online First.
  11. Iseki K, Iseki C, Kurahashi I, Watanabe T. Effect of glomerular filtration rate and proteinuria on medical cost among screened subjectsClin Exp Nephrol. 2012 Nov 20.
  12. Koga I, Yoshino Y, Kitazawa T, Kurahashi I, Ota Y. Prevalence and risk factors for loss of bone mineral density in male Japanese patients with HIV. J Acquir Immune Defic Syndr
  13. Naoki Masuda, Issei Kurahashi, Hiroko Onari. Suicide ideation of individuals in online social networks. PLOS ONE. 
  14. Sato Y, Fujimoto S, Konta T, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Yoshida H, Asahi K,Kurahashi I, Ohashi Y, Watanabe T. U-shaped association between body mass index and proteinuria in a large Japanese general population sample. Clin Exp Nephrol. 2013 May 8.
  15. Issei Kurahashi, Yoshihiko Fujita, Tokuzo Arao, Takayasu Kurata, Yasuhiro Koh, Kazuko Sakai, Koji Matsumoto, Maki Tanioka, Koji Takeda, Yuichi Takiguchi, Nobuyuki Yamamoto, Asuka Tsuya,Nobuaki Matsubara, Hirofumi Mukai, Hironobu Minami, Naoko Chayahara,  Yasuhiro Yamanaka,Keisuke Miwa, Shin Takahashi, Shunji Takahashi, Kazuhiko Nakagawa, Kazuto Nishio. A Microarray-Based Gene Expression Analysis to Identify Diagnostic Biomarkers for Unknown Primary Cancer. PLOS ONE
  16. Kawazoe Y, Miyo K, Kurahashi I, Sakurai R, Ohe K. Prediction-based threshold for medication alert. Stud Health Technol Inform. 2013;192:229-33.
  17. 以降の論文は Research Gateへ>> (2018年時点で41本)

 

【国際学会】

  1. Shimozuma K, Shiroiwa T, Sagara Y, Tobata R, Ueo H, Kubota Y, Hori T, Amano K, Terada S, Mori M, Yajima T, Kurahashi I, Saito S, Hosaka T. Effects and Medical Costs of a Structured Psychosocial Group Intervention for Breast Cancer Patients after Surgery. ISPOR Annual European Congress. 2010.
  2. Terashima M, Ochiai A, Kitada K, Ichikawa W, Kurahashi I, Sakuramoto S, Fukagawa T, Sano T, Imamura H, and Sasako M. Impact of human epidermal growth factor receptor (EGFR) and ERBB2 (HER2) expressions on survival in patients with stage II/III gastric cancer, enrolled in the ACTS-GC study. ASCO. 2011.
  3. Mitsuru Sasako, Masanori Terashima, Wataru Ichikawa, Atsushi Ochiai, Koji Kitada, Issei Kurahashi, Shinichi Sakuramoto, Hitoshi Katai, Takeshi Sano and Hiroshi Imamura. Impact of the gene expressions of thymidylate synthase and dihydropyrimidine dehydrogenase on survival in patients enrolled in the ACTS-GC study. ASCO-GI. 2012.
  4. Koji Kitada, Atsushi Ochiai, Wataru Ichikawa, Masanori Terashima, Issei Kurahashi, Shinichi Sakuramoto, Hitoshi Katai, Takeshi Sano, Hiroshi Imamura and Mitsuru Sasako. Interaction between intratumoral ERCC1 expression and adjuvant treatment with S-1 on the survival of patients enrolled in the ACTS-GC study. ASCO-GI. 2012.
  5. Wataru Ichikawa, Masanori Terashima, Atsushi Ochiai, Koji Kitada, Issei Kurahashi, et. al. Impact of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) and amphiregulin (AREG) expressions on survival in patients with stage II/III gastric cancer enrolled in the ACTS-GC studyASCO. 2012.
  6. Atsushi Ochiai, Koji Kitada, Wataru Ichikawa, Masanori Terashima, Issei Kurahashi, Hitoshi Katai, Ryoji Kushima, Mitsuru Sasako. Expression analysis of MET, EGFR, and HER2, and KRAS mutation status in patientswith stage II/III gastric cancer enrolled in the ACTS-GC study. ASCO-GI. 2013.

 

【国内論文】

  1. 倉橋一成, 伊藤陽一, 松山裕, 大橋靖雄, 西尾和人. cDNAマクロアレイデータ解析における正規化手法の性能評価. 日本統計学会誌. シリーズJ 2007;36(2), 147-63.
  2. 倉橋一成, 中川和彦, 西尾和人, 伊藤陽一, 大橋靖雄. 原発巣同定のアルゴリズム. がん分子標的治療. 2009;7(3).
  3. 倉橋一成, 大橋靖雄. モデル・アルゴリズム選択によって起こる誤分類率へのバイアスと真の誤分類率の推定. 情報論的学習理論と機械学習. 2010;110(76), 195-202.

 

【他業績】

  1. Specific involvement of postsynaptic GluN2B-containing NMDA receptors in the developmental elimination of corticospinal synapses. PNAS. 2009. aknowlegements.

 

【研究協力】

  1. 厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業), 2009-2010, 研究協力者, がん患者や家族が必要とする社会的サポートやグループカウンセリングの有用性に関する研究
  2. 厚生労働科学研究補助金(糖尿病戦略等研究事業), 2009, 研究協力者, 特性化に関する研究
  3. 厚生労働科学研究(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業), 2012, 研究分担者, 集団特性に応じた効果的な保健事業のあり方に関する研究
  4. 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)),  2012, 研究協力者, 研究協力者汎用性の高いレセプト基本データセット作成に関する研究
  5. 日本学術振興会, 2011-2012, 特任助教, 最先端研究開発支援プログラム未解決のがんと心臓病を撲滅する最適医療開発サブテーマ4「標準医療IT基盤の研究開発」
  6. 東京大学大学院医学系研究科肝胆膵外科学・人工臓器移植外科学分野, 2013, 統計専門家, 標準化学療法不応/不耐となった切除不能進行・再発大腸癌患者に対する高用量ベバシズマブ(BV)併用レボホリナート・フルオロウラシル療法(sLV5FU2レジメン)の有効性と安全性の検討 
  7. 厚生労働科学研究補助金(がん臨床研究事業), 2009, 原発不明がんの診断・効果的治療の確立に関する研究
  8. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業(腎疾患対策研究事業)), 2012, 特定健康診査による個人リスク評価に基づく、保健指導と連結した効果的な 慢性腎臓病(CKD)地域連携システムの制度設計
  9. 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業), 2011, 今後の特定健康診査・保健指導における慢性腎臓病(CKD)の位置付けに関する検討
  10. 医薬品医療機器総合機構(PMDA), 2012, 東大病院側スタッフ, 医療情報データベース基盤整備事業(通称:センチネルプロジェクト)
  11. 厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリー サイエンス総合研究事業), 2011, オブザーバー, 医薬品等の市販後安全対策のための医療情報データベー スを活用した薬剤疫学的手法の確立及び実証に関する研究
  12. 第3回医療情報データベース基盤整備 事業協力医療機関ワーキンググループ, 2011, オブザーバー  

 

 

【開発ソフト】

  • Rパッケージ
  • レセプト自動整形ソフト:csvで内容が分かりにくいレセプトデータを見やすく整形
  • 特定検診データの自動分析ツール:RとTexを使った自動分析ツール

  

ダウンロード
保健学博士_博士論文_2011
多数候補からの統計モデル選択に伴う誤分類率の推定と検定(最終版).pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
生物統計学_修士論文_2008
原発不明癌のマイクロアレイによる分類.pdf
PDFファイル 1.9 MB
ダウンロード
生物統計学_学士論文_2006
cDNAマクロアレイデータ解析における正規化手法の性能比較.pdf
PDFファイル 1.5 MB

ご連絡は i.kurahashi[at]gmail.com まで。

 

Facebook はこちら>>