倉橋 一成

くらはし いっせい

 

1983年生まれ、広島県出身。

東京大学医学部健康科学科(疫学専攻)で博士号取得後に起業。

大学で学んだ統計解析やAIをビジネスに利用して大企業へコンサルティング。リクルート、ホンダ、ドコモ、セゾンなど約50社。

ビジネス統計の本を出版。

コンサルティング会社を経営しながら油絵を描き国際展覧会へ出展やパリで個展。パリでは初の個展で絵が売れる。

1兆円規模の事業を作ることを目指しつつ、現在はデータ駆動のコンサルティングを行う。年間数十億円の効果を出した案件も。2021年からクレディセゾンのCDO(Chief Data Officer)、高砂熱学工業のCDXO補佐も務める。

 

 

略歴

2006年 (23歳)

・疫学生物統計学の研究室で遺伝子測定データの補正方法について研究

・東京大学医学部健康科学科卒業

 

 

2011年 (28歳)

・統計学分野で博士号取得(東京大学医学系研究科保健学博士、機械学習の予測率の統計的解釈について)

・東大病院情報システム部助教(1年半勤務)

iAnalysis社設立

 

 

2012年 (29歳)

・統計解析を使ったデータ分析について各所でセミナー・講演(年間数十件)

分析ブログ閲覧数約180万PV

・Twitterフォロアー約1,500人(現在は休止)

・データサイエンティスト協会発起人(設立時のみ協力)

 

2013年 (30歳)

・データサイエンティストとしてホンダ、リクルート、ドコモなど23業種・44社(うち36%が東証一部上場企業)へサービス提供

・ネット記事や雑誌などのインタビューに多数応じる

・日経BPのデータサイエンス講座講師(1日コース、午前中2時間セミナー午後4時間実習)

 

 

2014年 (31歳)

・読売ICTフォーラムで医療データに関して講演、読売新聞に掲載

・『データサイエンス養成読本』出版

・『超分析の教科書』出版

 

 

2015年 (32歳)

・『ビジネス統計の教科書』出版

・博士時代から参画していたいくつかの研究で英語論文が累計40本ほどになる(論文リスト

 

 

2015〜17年 (32〜34歳)

・NTTドコモの情報システム部情報戦略室(現デジタルマーケティング推進部)へ重点的にコンサルティング

・コンサルティング中に、当初20人ほどだった分析チームが350人までに成長

・解約予兆の予測や、ユーザーの収益(LTV)予測などのAIに使われるロジックを提供

 

 

2018年 (35歳)

・油絵を本格的に描き始め、オリジナルブランド『アトリエイッセイを立ち上げ

 

 

2019年 (36歳)

UAEアブダビの展覧会で『ひょこあに十二単衣』を出展(ブログ記事

 

 

2019年 (36歳)

パリで個展を開催し、初の個展で絵が売れる(ブログ記事

 

 

2020年 (37歳)

・被写体活動

・大企業経営者、投資家、政治家などへの参謀目標

・新規事業の計画

・国際平和美術展(京都・リトアニア)に出展

・クレジット会社で不正利用を防止する仕組みを改善し、新たに年間数十億円の抑止効果を出す

・データ駆動経営を実現するために複数の部にコンサルティングを行う

 

 

2021年 (38歳)

・大企業や組織の経営者や戦略家となることを目標

・クレディセゾンのCDO(Chief Data Officer)、高砂熱学工業のCDXO補佐になる

 

 

お問い合わせは i.kurahashi[at]gmail.com にご連絡ください。